微分について


  • 関数の定義と微分

    > f1:=x-> x^2;



    > g1:=diff(f1(x),x);



  • 積分し元へもどす

    > h1:=Int(g1,x);



    > value(h1);



  • 式をそのまま微分すると

    > f2:=x^2;



    > g2:=diff(f2(x),x);



    > value(g2);



    > h2:=Int(g2,x);



    > value(h2);



  • 三角関数の微分

    > f3:=sin(x) + cos(x);



    > g3:=diff(f3(x),x);



    > h3:=value(g3);



  • 関数として定義すれば

    > f4:= x -> sin(x) + cos(x);



    > g4:=diff(f4(x),x);



    > h4:=Int(g4,x);



    > value(h4);



  • 式として表現されたものを関数として使いたい時は unapply(expr,var); を用いると良い。



  • 微分をくりかえす場合

    > f5:=x->x^3*cos(x);



    > g5:=diff(f5(x),x);



    > h5:=diff(g5(x),x);



    > hh5:=value(h5);



  • Q) 連続して微分する場合への unapply の応用を研究しなさい。